筋トレは毎日やるべき?

野球やサッカーなどのスポーツ選手は、ほぼ毎日といっていいほど練習しています。

格闘技でもそうですね。毎日何らかのトレーニングをしています。

しかし、ことウエイトトレーニングに関しては、トレーニングの頻度ということが問題になります。

頻度の問題のモトになっているのが「超回復」という理論です。

筋トレをしている人なら、ほとんどの人が知っている超回復という理論です。

トレーニングによって疲労した筋肉は48時間~72時間休息させた後に、前よりも強くなっているという理論ですね。

筋肉の部位によって24時間だったり、48時間だったり、72時間だったりするわけですが、休養をとらずにトレーニングを続けているとオーバーワークになり、筋肉が付くどころか、逆に落ちていくと言われています。

この理論によって筋トレは毎日やらないほうがいいと思い込んでいる人もいるのですが、筋トレは毎日やったほうが絶対いいです。

週に2回とか3回とかでやるよりも、毎日やるというほうが習慣づけしやすいんですね。

仕事が終わったら、ジムに行くという流れを作ったほうが続きやすいです。

これが今日は筋トレの日、今日は休みと日によってバラバラだと、「今日はいいか・・・」となりがちです。

筋トレの習慣をつけるという視点で、筋トレは毎日やると決めたほうがいいですね。

ただし、毎日同じ筋肉を鍛えるのはやっぱりよくありません。

経験的に、毎日やっても筋力アップ、筋肥大の効果はいまひとつ。

週6日トレーニングするとして、3分割するのがいいのではないでしょうか。

1日目 胸、肩、腕
2日目 腹、背中
3日目 脚


これを繰り返します。

これだと同じ筋肉を週2回鍛えることになりますね。

1日で全部の筋肉を1時間半かけて鍛えるより、1回30分で分割して鍛えるほうが続けやすいですよ。
おすすめHMBサプリはこちら